よくある疑問!

【図解】角栓とは?放置するとどうなる?4つの対策方法!

そもそも角栓とは? 角栓(かくせん)とは、角質と皮脂が合わさり、毛穴をつまらせる(=栓)してしまったもののことです。 人間のお肌は「ターンオーバー」によって、新しいものに生まれ変わり続けています。しかし、これが何らかの原因によって乱れてしまい、角質が溜まってしまうと、皮脂と合わさって毛穴の中で固まり、「角栓」となってしまうのです。 角質と皮脂が固く密着しているため、単純なアプローチだけでは取り除くことが難しいです。 「角栓は皮脂のかたまりがつまったもの」というイメージが強いですが、実際は角質が約70%と言 ...

ReadMore

美しいすっぴんへ

「黒ずみ毛穴」の原因・対策・治し方をわかりやすく解説!

しっかり洗顔しているし、スキンケアもしているのに黒ずみができてしまう… という方は多いのではないでしょうか? 毛穴の黒ずみは正しい方法で手入れをしないと、さらに黒悪化させてしまったり、別のお肌トラブルも引き起こす可能性があります。 黒ずみ毛穴の原因とやってはいけない対処法、正しい対処法をご紹介します。 そもそも「黒ずみ毛穴」の原因は? 毛穴黒ずみの多くは「角栓や汚れが毛穴が詰まってしまう」ことによって発生します。 具体的には、以下のように黒ずみ毛穴が発生します。 化粧の落とし残りや皮脂の過剰分泌、ターンオ ...

ReadMore

スキンケア商品解説!

美容液とは?どういう効果?わかりやすく解説!

美容液とは? 美容液(びようえき)とは、美容に効果的な成分が配合されており、特定のお肌の悩みに集中ケアするスキンケア用心のことです。 例えば、基礎化粧品の場合、化粧水は「お肌にうるおいを与える」ものであり、乳液は「その水分の蒸発を防ぐ」ものです。美容液は、こういったスキンケアでは足りない部分を補ったり、何か個別にケアをするお肌の悩みやトラブルを予防する場合に取り入れる基礎化粧品となります。 価格帯も様々なものですが、他のスキンケア用品に比べると高価格帯なものも多いく、美容成分が多く配合されていること商品が ...

ReadMore

美しいすっぴんへ

敏感肌とは?どういう状況?対処法やスキンケアについて解説!

敏感肌とは? 敏感肌とは、お肌がもつバリア機能が低下してしまっている状態のことです。 本来お肌には、紫外線や最近、ほこりなど様々な刺激から、身体を守る「バリア機能」が備わっています。しかしこのバリア機能が弱まる「敏感肌」となってしまうと、少しのダメージでかゆみやあかみなどのトラブルが発生しやすくなってしまいます。 敏感肌の特徴 以下のようなことがある人は、敏感肌になってしまっているかもしれません。 洗顔や化粧品をぬった後に、ヒリヒリやけるように感じる ニキビができやすくなる かゆくなりやすい あかくなりや ...

ReadMore

美しいすっぴんへ

【図解】角質肥厚とは?原因や改善方法までわかりやすく解説!

角質肥厚とは? 角質肥厚(かくしつひこう)とは、本来ターンオーバーによって剥がれ落ちるはずの古くなった角質が、何らかの原因によってお肌に残ってしまい、本来よりも厚く積み重なってしまう状況のことです。 角質肥厚は、お肌の最も外側の表皮である「角層(=角質層)」のトラブルです。そのため、角質肥厚が悪化してしまうと、目に見えてお肌の状況は悪くなります。 角質肥厚になってしまうと? 角質肥厚は、以下のようなお肌トラブルを引き起こします。 お肌がごわついて見える お肌の「くすみ」 基礎化粧水が浸透しにくくなる お肌 ...

ReadMore

美しいすっぴんへ

皮脂とは?働きは?適切な量にコントロールする方法と注意点を解説!

そもそも皮脂とは? 皮脂(ひし)とは、皮膚を保護するために分泌されている脂分のことです。全身にある毛穴の中にある「皮脂腺」で作られています。 お肌の表面を、皮脂と汗が混じり合った「皮脂膜」で覆い、表皮の角質層の「角質層」とともに、以下のような働きをしています。 内部からの水分の蒸発をふせぎ、お肌のうるおいや、柔らかさを保つ 紫外線や雑菌などの外部からの侵入を防ぐ お肌を弱酸性に保つことにより、炎症や湿疹を招く、雑菌の繁殖を防ぐ 摩擦や衝撃などを軽減する 皮脂はお肌や健康のために非常に重要な成分であり、いわ ...

ReadMore

スキンケア用語解説!

【図解】角層(=角質層)とは?うるおいキープ&バリア効果を解説!

角層・角質層とは?どんな働きや効果がある? 角層(かくそう)・角質層(かくしつそう)とは、お肌の表面である「表皮」のなかで最も外側にある、角質が積み重なってできている部分のことです。 角質層は、皮脂や汗でなどからできている「皮脂膜」とともに、 水分が過剰に蒸散してしまうことを防ぎ「お肌のうるおいを保つ ほこりや微生物、細菌などの異物の侵入を防ぐ「バリア機能」 という健康、美容に重要な2つの役割を持っています。 また、お肌の一番外側にある部分のため、見た目のうつくしさも大きく左右します。健康で美しいお肌を保 ...

ReadMore

スキンケア用語解説!

【図解】角質・角質細胞とは?美容知識をわかりやすく解説!

角質細胞とは? 角質細胞(かくしつさいぼう)とは、角質層にある細胞のことです。 お肌の最も外側の部分である「表皮」の一番外側である「角層(角質層)」は、この角質細胞が、パイのように薄く何枚も重なって構成されています。 角質細胞はお肌のうるおいを保つ「NMF(天然保湿因子)」を含むほか、角質細胞同士の間は、水分は細胞間資質で満たされており、「皮脂膜」とともに、お肌のうるおいを保つための重要な要素の1つです。 角質細胞は、ひらべったく、「核」や細胞の中で様々な機能を持つ「細胞内小器官」が消失しています。すなわ ...

ReadMore

美しいすっぴんへ

「ハリのあるお肌」とは?仕組みやハリを保つ方法まで解説!

ハリのあるお肌とは? 具体的には、お肌に含まれるコラーゲンの量が十分で、うるおいいがあり肌触りが滑らかな状態のことです。 お肌を軽く押したときに、ピーんと弾むような弾力が、「ハリのある肌」ということができるでしょう。 「ハリのあるお肌」を手に入れることで、 若々しく、元気に見える! 化粧ノリがよくなる! すっぴんに自信を持てる! など、様々なメリットがあります。 「お肌のハリ」がなくなると... お肌のハリがしなわれてしまうと、以下のようなお肌トラブルが現れます。 お肌のたるみ シワが目立つようになる キ ...

ReadMore

美しいすっぴんへ

【図解】お肌の「キメ」とは?細かいメリットや、整える5つ方法!

そもそもお肌の「キメ」って何? お肌の「キメ」とは、お肌表面にある細かな凹凸(でこぼこ)のことです。 お肌の表面は、上記の画像のように、 膨らんだ部分である「皮丘(ひきゅう)」 溝の部分である「皮溝(ひこう)」 で構成されており、この2つによって「でこぼこ」のことを「キメ」と言います。 キメは基本的に三角形の形となっており、皮脂の量を適切に保つ役割があると言われているほか、このキメの細かさや粗さ、形が、肌の印象を大きく左右します。 「手の甲」のお肌をよくみると、この「キメ」が確認できるかと思います。 キメ ...

ReadMore

選手・プレーヤー

スポーツ前後にスキンケアすべき理由!気をつけるべき6つのポイント!

スポーツで身体を動かすことは、健康にもいいだけでなく、気分がリフレッシュされるなどさまざまなメリットがあります。しかし、運動する際に正しいスキンケアをしなければ、肌トラブルへとつながりやすくなってしまうほか、スポーツのパフォーマンスにまで影響する可能性があります。今回は、スポーツ前後にスキンケアすべき理由!気をつけるべき6つのポイントをご紹介していきます。

スポーツ前後にスキンケアをすべき理由

スポーツで身体を動かすことは、健康にもいいだけでなく、気分がリフレッシュされるなどさまざまなメリットがあります。

しかし、

  • 紫外線によるダメージ
  • 皮脂の分泌の増加
  • 砂や泥といった汚れ
  • タオルなどで拭き取ることで摩擦

というように、乾燥やシミ、シワといった原因となりうる状態でもあります。

さらに、運動をすることで「活性酸素」が過剰に蓄積してしまうと、正常な細胞まで攻撃することで肌トラブルを引き起こしやすくなるほか、活性酸素は「疲労の原因」でもあるほか、血管の老化を促進させるとも報告されており、「運動パフォーマンスの低下する」ことも考えられます。加えて、肌トラブルを回避することは、精神的なパフォーマンスアップにも繋がります。

肌をトラブルから守るためにも、よりベストなパフォーマンスを保つためにも、スポーツを行うには「スキンケア」を行うようにするといいでしょう。

特に女性はスキンケア必須

特に女性の場合、スポーツ前のスキンケアが男性よりも重要となります。一般的に男性よりも女性のほうが皮膚が薄いため、蓄えることができる水分量が少なく、乾燥しやすい傾向があります。特にサッカーといったアウトドアスポーツを行う場合、大人はもちろん、中高生など若いうちから正しいスキンケアを行ったほうがいいでしょう。

できる限りメイクは落としてから運動しよう!

肌のことだけを考えた場合、メイクをしたまま運動をするメリットはありません。

汗とファンデーションが混じって毛穴に入り込んでしまい、肌トラブルの原因となる可能性があります。「仕事終わりにジムに行く」「常に可愛く見られたい」さまざまな事情はあるかと思いますが、ニキビや肌トラブルを防ぐことを優先する場合、クレンジングでメイクを落としてから運動するようにしましょう。

観戦の場合でも普段よりスキンケアを重視しよう

実際に自分が体を動かす選手でなく、観戦であっても、肌トラブルが発生しやすい状況であることには変わりありません。普段よりもしっかりとしたスキンケアを心がけましょう。

スポーツ前後のスキンケアのポイント

それでは、スポーツ前後に行うべきスキンケアのポイントをご紹介していきます。

スポーツ前に「保湿」

スポーツをする前に、化粧水やジェル、乳液などで、あらかじめ保湿をしておくようにしましょう。

もしスポーツをするのが日中の場合、可能であれば定量より多めの量で、しっかり馴染ませるようにしましょう。スポーツをすることでかく汗は、むくみや肌荒れの帽子、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)の活性化などのメリットもありますが、汗と一緒にうるおいまで奪ってしまいます。

しっかり保湿をした上で、スポーツをすると良いでしょう。

先に保湿をしてから日焼け止めを塗ることで、日焼け止めが落ちにくくなるほか、乾燥を防ぐことにも繋がります。

「日焼け止め」を使用する:スポーツ前後のスキンケア

紫外線は肌トラブルの大敵

特にサッカーといった外で行うスポーツの場合、保湿をしたあとに日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼けや紫外線は、皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。目元・口元・耳や首のうしろなども忘れないようにしましょう。また、外にいる時間の長さによっては、塗り直しもおこないましょう。なお、紫外線は、夜以外間時間帯では、季節や天気を問わず降り注いでいます。原則一年中日焼け対策をするに越したことはありません。

加えて、SPFPAといった紫外線の防止効果もスポーツに合わせ、汗で流れにくいウォータープルーフ商品などを含め、適切なものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めにおいて重要なことは「定期的に塗り直す」ことです。高いSPF50+のような商品を使用していても、汗で流れてしまっては意味がありません。

皮膚ガンを予防するために、子供のころから日焼け止めと塗る習慣がある国もあります。小さいころから外での運動時に日焼け止めを塗ることで損はないでしょう。

夜にフットサルをするような場合など、日が暮れている場合には日焼け止めは必要ありません。
参照:夜に日焼け止めや日焼け対策は必要?何時まで?

あせは放置せず、タオルは抑えるように使う::スポーツ前後のスキンケア

汗は「なるべくはやく・こまめに」「おさえるように」こまめに拭き取るようにしましょう、拭く際に、タオルでごしごし拭いてしまうと、摩擦により肌にダメージを与えます。汗はタオルを軽く抑えるようにしましょう。

スポーツ後にはやさしく洗顔:スポーツ前後のスキンケア

スポーツ後には、やさしく洗顔するようにしましょう。

汗や皮脂をそのままにしておかないようにする必要があります。また、特に女性の場合、メイクや皮脂が毛穴に入り込んでしまいダメージを与える可能性もあります。洗顔のに擦らないようにし、たっぷりの泡で洗うようにしましょう。また、洗い流す際にも、優しい水圧だけでゆっくりおとしていきましょう。

可能であれば、使用している洗顔や美容液を運動先に持ち歩くようにしましょう。

洗顔料は優しいものを

なお、スポーツ後の肌はデリケートな状態です。使用する洗顔は、敏感肌でも使用できるような、肌への刺激が少ないなるべく優しいものを使用しましょう。

なるべく早めにお風呂に:スポーツ前後のスキンケア

汗は塩分といった肌に刺激となる成分を含んでいるほか、どうしても拭き取るだけだと取り除くのは難しいです。スポーツをした後は、なるべく早めにお風呂に入るようにしましょう。また、日焼け止めはクレンジングを使用することで、綺麗に落とすことができます。また、熱いお湯は使わないようにし、肌をクールダウンさせるといいでしょう。

スポーツ後はお風呂に浸かるのがオススメ

普段より入念な保湿ケアを:スポーツ前後のスキンケア

可能であればパックを使おう

お風呂から出たあとは、入念に保湿ケアを行うようにしましょう。

普段よりも2〜3倍の量を、何回かにわけでじっくりと浸透させましょう。

できれば保湿効果高いフェイシャルマスクを使おう

スポーツの後の場合、普段通りのスキンケアでは少し保湿が不足する可能性があります。そのため可能でれば、保湿効果のあるフェイシャルマスクを使用するといいでしょう。その際、「冷蔵庫でフェイシャルマスクを冷やしておく」ことで、毛穴を引き締めつつ、しみの原因ともなるメラニンを減少させる効果もあります。

スポーツを楽しむ際には特にスキンケアに気を使おう

ここまでスポーツ前後のスキンケアについてご紹介してきました。スポーツの前後では肌トラブルが発生しやすくなるため、普段よりも気を遣う必要があります。再度まとめると、以下の通りです。

  1. スポーツ・日焼け止めの前に保湿
  2. 日焼け止めを使用
  3. タオルは抑えるように使う
  4. スポーツ後にはやさしく洗顔
  5. なるべく早めにお風呂に
  6. 普段より入念な保湿ケアを

特に、外で行うスポーツの場合、紫外線や外気の影響を受けやすいため、紫外線対策や保湿を徹底するようにするといいでしょう。

-選手・プレーヤー